スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

計画停電(輪番停電)を英語で

2011年4月26日の「ニュースで英会話」の
「EXTRA LNG FOR JAPAN」の記事の一文より

It's believed the extra LNG will be sold mainly to Tokyo Electric Power Company and Tohoku Electric Power Company, which had to implement rolling blackouts after the disaster.

この文の中にある rolling blackouts は
「輪番停電」 という意味で訳されていますね。

輪番停電を英語で!っといわれても、知らなければどう訳していいやら。。。。。
しかし、エリアごとに順蕃に停電しているようすを 
rolling を使って表現しているところから
順番がローリングしているんだなぁ~というイメージがわき
なるほど!とうなずけますし、覚えやすいです。

それと、計画停電には scheduled blackout planned blackout が使われるようです。

こちらは、そのままなので、少しイージーですよね!


震災の影響で、日本で計画停電(輪番停電)が何度か実施されましたが
ネパールでは、毎日行われています。
 
広場

カトマンズのダルバール広場


カトマンズでは、宿に1週間の計画停電のスケジュールが貼りだされていて
停電する時間を見ることが出来ます。

1日、午前と午後の2回あり、トータルでだいたい5~6時間ほど電気が止まります。
また、地区ごとに停電する時間が違うようです。

なので、それに合わせながら、PCを開いてネットをしたり
電気で沸かすシャワーは、停電が始まる前に済ませたりしていました。

カトマンズは、時間が決まっていたので、対処が楽でしたが
ポカラは、停電のスケジュールがないため
いきなり停電するので、やや不便な面がありました。 ^^;


アンナプルナサウス

朝日があたった、アンナプルナサウス
ポカラから、比較的行きやすいダンプスという場所から撮影。


まあ、いきなり停電になったらなったで
適当になんとかなるんですけどね~~ ^^


rolling blackouts 計画停電 輪番停電 の学びと
そのワードから、旅したネパールを思い出したお話でした。


この記事を、読んでくださって、ありがとうございます!  


ここをクリックしていただけると嬉しいです!

              

 人気ブログランキングへ  


スポンサーサイト

テーマ : 英語トレーニング - ジャンル : 趣味・実用

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。