スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の首都はどこですか?



NHK「ニュースで英会話」の中にある伊藤サムさんのエッセイに

英語で
日本の首都はどこですか?
と言ってみてください。

とあったので
「そんなんメチャメチャ簡単や~~ん!」  


Where is the capital of Japan?

それで決まりやろぉ~!!  
と思ったけど・・・・・・・・


答えは     ブーーーーー!   


正解は   What is the capital of Japan?



自信満々だっただけにガックリ    
まあ、会話では

Where is the capital of Japan?

でもまったく意味が通じないことはないんでしょうけど・・・・・




そこで伊藤サムさんの記事を読んでみると

「日本の首都はどこですか?」という質問が問題にしているのは、首都が「地理的にどこにあるか」ではなく、その「名前」なので、"where"ではなく、"what"で問うのが、最も一般的な言い方になります。「日本の首都はどこですか?」=「日本の首都(の名前)は何(what)ですか?」 →"What is the capital of Japan?"となるわけです。

なるほどなぁ~~~   よく考えてみると
確かにこの場合首都の”場所”ではなく”名前”を尋ねているわけやからね~

簡単な問いに答えられなかったことは確かに恥ずかしかったけど
まずは質問の意味を感じられるような勉強や実践をもっとしていかないと



そして伊藤サムさんよりこんなアドバイスがありました。 ↓

これまでの学習法の中心が単語(の訳語)丸暗記だった方は、英語にたくさん接して、単語の意味を直感的につかむ姿勢に転じると、ぐんと伸びると思います。たとえば、「where = どこですか」と丸暗記して終わるのではなく、whereが使われているやさしい例文にたくさん接して、whereという概念を体当たりでつかんでみてください。



丸暗記からの脱皮を目指し
もっともっと多読や多聴をしていこう!と決意を新たにしたbibinbaです。  




ここをクリックしていただけると嬉しいです!

              

 人気ブログランキングへ  






スポンサーサイト
コメント

にゃるほど

そうですよね、
直訳すると「どこ?」だからwhereって言いたくなりますが、「どこ?」って聞いても位置じゃなくて地名を聞いてるわけだから、そうですよね~^^
こういうことを学ぶ事が楽しいと思えるです♪

日常生活では

英語を使う環境がないのでなかなか直感的に
理解できる感覚を身につけるのは難しいですよね~~

でも一緒に少しずつ前へ進んで行きましょう!  v-290
私もまだまだよちよち歩きですから。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。