スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藍山国際青年旅舎の若者たち

ユース


私たちが去年の12月、上海で1週間宿泊したのが
上記写真の 藍山国際青年旅舎

ここのユースは、ツーリストが宿泊している人数の1/3くらいで
残りの2/3は、ここから仕事に行ったり、大学に通ったりしている
中国人の若者たち。

中国とはいえ、ユースなので
「スタッフは英語が通じるだろうから楽チン!」
と思っていたら、なんと!スタッフどころか
住んでいる若者のほとんどが流暢な英語を話のにビックリ! 

中には、ネイティブなみに英語を話す子もいて
「どこかに留学してたの?」
と尋ねると
「どこにも。自分で勉強したのよ!」
と言っていた。
すご~~い!  

それに、仕事場で日常的に英語を使っているという子もいて
宿泊している西洋人のツーリストと、ごく普通に英語で話をしている。

久々の英語の実践で、頭で考えたことが、なかなか口から出てこず
シドロモドロになっている自分が、なんだかとても恥ずかしかった。 
加え、日本語を勉強している子からは
「ジャパニーズアクセントの英語だね!」
なんて言われてしまった。 T_T

中国という国は、英語が全く通じない!という考えをずっと持ち続けていたが
彼らと1週間過ごしてみて、その考えを改めざろうえない。

もちろん、ユースを離れ、街中に行くと、今でも英語はほとんど通じないけど
これからの世代の若者が、世の中心的な存在になってきたとき
この国は「英語の通じる国」になるのではいか?!
と、真剣に思うbibinbaです。

ユースでの出会いと、そこで楽しく過ごせた時間
そして、英語へのいい刺激をもらえたことに感謝! 


ここをクリックしていただけると嬉しいです!

              

 人気ブログランキングへ  

Using English is the fastest way to learn it!  

スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。